記事
目を合わせるだけでも“胸キュン”する逆境カップル
2017.06.19

ウジンさん主演ドラマ『七日の王妃(原題)』の記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

『七日の王妃(原題)』ヨン・ウジン♥パク・ミニョン、
目を合わせるだけでも“胸キュン”する逆境カップル



©KBS2

『七日の王妃(原題)』ヨン・ウジンとパク・ミニョン、目を合わせるだけでも胸キュンする。

<中略>

ロマンス時代劇の楽しさを極大化させる要素の一つは、
ドラマ内で俳優たちが作り出すケミストリーである。
このような意味から『七日の王妃(原題)』はさらに特別にならざるを得ない。
ドラマを率いていくパク・ミニョン(シン・チェギョン役)、ヨン・ウジン(イ・ヨク役)、
イ・ドンゴン(イ・ユン役)は皆、誰と組んでも完璧な相性を見せつけるからである。

そんな中、6月17日(土)『七日の王妃(原題)』の制作側が、
ドラマ内での切ない初恋の主人公パク・ミニョンとヨン・ウジンの
特別なケミを公開し注目を集めた。
ただお互い目を合わせるだけでも胸をドキドキさせる
パク・ミニョンとヨン・ウジンのケミは恍惚である。

公開された写真には『七日の王妃(原題)』パク・ミニョンとヨン・ウジンの
合わさる視線が写し出されている。
一枚目の写真の中のヨン・ウジンは慎重にパク・ミニョンの唇を拭いてあげている。
二枚目の写真では驚いたような目でヨン・ウジンを見つめるパク・ミニョンの表情に目を引く。

それに続き三枚目の写真には、
目を合わせながら今にも息が止まりそうに震える二人のときめきが
余すところなく写し出されている。
最後の写真は、お互いに目を合わせている同じような写真に見えるが、
先ほどとはまた違う雰囲気を醸し出していて目を引く。
果てしなく冷たく素気ないヨン・ウジンの眼差し、
そんなヨン・ウジンを見つめながら悲しみの涙を宿したようなパク・ミニョンの眼差しが
はらはらしながらも胸の痺れる雰囲気を誘発する。

上の写真は第6話の中でシン・チェギョンとヨン・ウジンが出会う場面を捉えたもの。
該当場面は甘いときめきと切ない悲しみなどロコとメロを分けた展開で
視聴者の胸をドキドキさせた。
パク・ミニョンとヨン・ウジンの繊細な感情表現が、
ドラマ内のシン・チェギョンとイ・ヨクのロマンスへの夢中度を高めたという反応だ。
その背景にはこのように目を合わせるだけでも深い感情を込めている
パク・ミニョン、ヨン・ウジンのケミストリーがあるからである。

<後略>

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

Copyright 2016 JUMP ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂